キカンシネット アーカイブ一覧に戻る
バックナンバーはこちら


再生プランで補助制度はどうなる(6月号)

【特集】
再生プラン。私は林業をこうしたいシリーズ1
私の提言―再生プランで補助制度はどうなる
後藤國利(百年の森健全育成実践クラブ代表、林業家、前・大分県臼杵市長)
●危機感が乏しいことが最大の危機
●過去を清算し、抜本的に再構築するリストラ
●直接支払いでどうなる
●路網整備は森林経営計画に不可欠

森林・林業再生プランがまとまり、平成23年度から新しく森林管理・環境保全直接支払制度が創設されることになりました。諸準備を整えた上で発足するのは平成24年度からですが、平成23年度を移行期間として改革はスタートします。
「再生」とは、破綻状態あるいは瀕死の状態からの蘇生にほかなりません。森林再生の背景には我が国の森林と森林育成管理制度が瀕死の重病を患い、まさに破綻の危機に直面していたという不都合な事実があり、起死回生の大手術が「森林・林業再生事業」にほかなりません・・・

◆フォト・レポート ・・・・1
西興部村猟区におけるエゾシカ地域管理の取り組み
NPO法人西興部村猟区管理協会(北海道)

木材トレンドを読み解く◆赤堀楠雄・・・32
中国木材が国産材ビジネスを本格展開
製品輸出や林業経営も視野

いざ実践!森林境界明確化の戦略と戦術◆竹島喜芳・・・34
森林境界明確化の小戦略 事前準備 人材確保以後

この連載の対象者として私が思い浮かべているのは、「仕事で森林境界明確化を推進せよ」というミッションを与えられた、林研クラブ・事業体・行政の方々です。その方々に対してこれまで私が表現してきたことを概念で整理すれば、図1のような感じです。未知で曖昧模糊とした問題に取組むとき、ミッションを与えられたその瞬間から取組を始めるのではなく、まず曖昧模糊とした物体をいろんな角度から眺め“取り付く島”を探します。森林境界明確化の大戦略は、まさに“取り付く島(プラン)”を整理したものです・・・

レポート◆日本型フォレスター育成研修事業の概要・・・70
人が変わる、組織が変わる、地域が変わる 森づくりファシリテーター◆森づくりファシリテーター全国ネットワーク 2・・・44
「森づくりファシリテーター」が担う4つの分野

お役に立ちます!最新研究紹介・・・・・・・・・・・・・48
薬剤注入によるスギの立木乾燥(1)
―薬剤注入による立木乾燥のメカニズム  川井安生

林研グループが応援します◆熊本県/柏青年の山研究会・・・52
地域の模範林「青年の山」で低コスト林業研修会

樹上を科学する 世界のアーボリストたち 2◆ジョン・ギャスライト・・・58
アーボリスト器具の発明家(レッジ・コーツ)

提案型集約化施業 成功をつかむ実践術 第18回◆坪野克彦・・・64

新年度も数カ月が過ぎて、林業を取り巻く状況も大きく変化してきています。様々な困難に直面して、当初に立てた目標を諦めたり、先送りしたりする人も出始める頃かもしれません。目標自体が妥当であるならば、目標を達成する道のりは大きく分けると二つしかありません。一つは何が何でも目標を達成するという強い意志や自分ならできるという意識を持って行動することです。もう一つは、日々の仕事を進めていく中で気がついたら目標を達成していたという状態にもっていくことです・・・・

法律相談◆北尾哲郎・・・74

私が所有する山林に隣接する山林を新たに購入し、2つの山林を一つのものとして登記したいのですが、どのような手続きが必要ですか。

●日本林業アーカイブス 森林鉄道の記憶―木曽・王滝森林鉄道編―
崩沢上部軌道・・・9

●わがまち木造自慢
宝田達志水町立「相見保健所」(石川県宝達志水町)・・・57

●インフォメーション・・・72
●読者のお悩み相談/安江銕臣・・・72
Iターン者として地域にどのように馴染んでいくべきでしょうか。

●ひろば・・・76

●表紙の人 岡部優佳さん 山口県西部森林組合(山口県)・・80

表紙●岩渕光則 フォト●伊吾田順平


バックナンバー





運営:第一資料印刷株式会社
Copyright (C) 2010 DAIICHI SHIRYO PRINTING CO.,LTD All Rights Reserved
〒162-0818 東京都新宿区築地町8番地7 / TEL 03-3267-8211 / FAX 03-3267-8222
.
第一資料印刷株式会社オンデマンド印刷なら ガップリ!セミナーテキストの印刷・製本なら セミナーテキストNAVI50冊からつくれるオリジナルノート 書きま帳+採用映像、各種採用プロモーションツールの制作・印刷 採用映像マニュアル制作.com機関誌・広報誌の紹介サイト キカンシネット機関誌づくりのお悩みにお答えします! 機関誌づくりブログ株式会社労働開発研究会