キカンシネット アーカイブ一覧に戻る
バックナンバーはこちら


RNA研究分野の新展開 (8/1号)

平成18年 8月 1日号

今回の特集は
RNA研究分野の新展開

石井威望のコメント

 ライフサイエンスのフロンティアは、もっぱらDNA分子に基づくゲノムの解析に絞られてきたが、DNAに基づく「生物学体系」いわゆるセントラルドグマだけでは、あまりにも単純すぎるという批判もあった。1990年代後半から、今回の執筆者などの提案によりRNAの重要性が浮き彫りにされてきた。
 この新しいRNAワールドは、隠されていた大陸といわれているように、DNAからたんぱく質を作る遺伝情報の発現を調節し、直接に生理活性を発揮している。生命の起源としても、今やDNA以上の脚光を浴びている。今回の執筆者は、理化学研究所GSC遺伝子構造・機能研究グループの林崎良英プロジェクトディレクターである。

--------------------------------------------------------------------

ポイント

1. ライフサイエンスにおける可能性豊かな未踏の分野=RNA
 近年のライフサイエンスの戦略方向の中で、遺伝子の見方の大幅な変更が余儀なくされてきた。その結果たとえばRNAをめぐっては、二重鎖RNAをベースとする新たな制御メカニズムが次々と明らかになり、研究の急速な進展や産業的な注目を反映した特許出願の急増がみられている。これは、いわば「RNA大陸」の新発見ともいうべき現象である。


2. マウスゲノムエンサイクロペディア計画で驚くべき解析結果
 1995年、理化学研究所の林崎良英の提案になるマウスゲノムエンサイクロペディア計画が文部省のプロジェクトの一環としてスタートし、これによりcDNAシーケンスの全長配列決定がなされ、それを国際標準にするために国際FANTOMコンソーシアムも結成された。解析のためにはCAGE法、GSC/GIS法といった技術が開発されたが、そこで、ゲノムの70%以上が一度はRNAに転写されていること、さらに全RNAの半数がタンパク質をコードしないもの(ncRNA)であることが判明した。
ncRNAの機能にかんして存在が示唆されるS/ASには遺伝子発現制御機構があり、癌や薬剤代謝の分野に大きなインパクトを及ぼしうる。
 
3. RNAは今も独自に機能を発揮し続ける「隠されていた大陸」
 ncRNAが転写の制御など重要な機能をもつ以上、生命の起源のRNAワールドは、DNAからタンパク質を作る遺伝情報の発現を調節し、時には、自分自身で生理活性を直接発揮する形で、いわば「隠されていた大陸」として脈々と我々の体の中において機能している。


バックナンバー

南極観測50年(5/15号)  2007年 更新




運営:第一資料印刷株式会社
Copyright (C) 2010 DAIICHI SHIRYO PRINTING CO.,LTD All Rights Reserved
〒162-0818 東京都新宿区築地町8番地7 / TEL 03-3267-8211 / FAX 03-3267-8222
.
第一資料印刷株式会社オンデマンド印刷なら ガップリ!セミナーテキストの印刷・製本なら セミナーテキストNAVI50冊からつくれるオリジナルノート 書きま帳+採用映像、各種採用プロモーションツールの制作・印刷 採用映像マニュアル制作.com機関誌・広報誌の紹介サイト キカンシネット機関誌づくりのお悩みにお答えします! 機関誌づくりブログ株式会社労働開発研究会