キカンシネット アーカイブ一覧に戻る
バックナンバーはこちら


橋重宏会長 あいさつ 第64号

【目 次】

<巻頭言>
あいさつ
会長 橋重宏会長… ……………… 1

平成21(2009)年度第2回三役会・4合同委員会(同時開
催)議事録(7月4日)… …………………………………… 3

平成21(2009)年度第3回三役会議事録(11月7日)… … 8

平成21(2009)年度第2回評議員会議事録(11月7日)…… 10

平成21(2009)年度第4回三役会議事録(2月13日)… … 14

平成21(2009)年度第3回評議員会議事録(2月13日)…… 17

平成21(2009)年度臨時総会議事録(3月7日)… ……… 19

平成22(2010)年度通常総会議事録(5月29日)… ……… 28

平成21年度事業報告… ……………………………………… 31

平成21年年度事業報告 別紙… …………………………… 34

平成21年度各委員会活動報告… …………………………… 38

平成21年度決算報告… ……………………………………… 46

ソーシャルワーカーデー…………………………………… 64

現代GP(東北福祉大学)……………………………………… 65

特色GP(ルーテル学院大学)………………………………… 69

第12回福祉教育研修講座… ………………………………… 73

編集後記……………………………………………………… 76

――――――――――――――――――――――――――――

会長あいさつ

本法人の今期役員の任期期間中は、日本社会事業大学が会長校であり、大橋謙策学長の退任にともない残
任期間を会長職として勤めることになった。この間、以下のような点についての取り組みを中心に本法人の
諸事業を展開していきたい。

アジア太平洋ソーシャルワーク会議への積極的な参画

2010年6月10㈭から14日㈪まで香港のコンベンションセンターを会場に国際ソーシャルワークと社会開発
の合同会議(2010 Joint World Conference on Social Work and Social Development : The Agenda)が開催
された。1968年に東京で開催された時には国際社会福祉会議(International Social Welfare)であったが国
際ソーシャルワーク会議に変更されていた。いつからそうなったかは確認していないが、大きな変化であ
る。国際ソーシャルワーク教育学校連盟(IASSW)、国際ソーシャルワーカー連盟(IFSW)、国際社会福祉
会議(ICSW)の合同会議に約3,000人が集まり、講演、発表、ポスター発表と熱心な議論が行われた。2000
のソーシャルワークの定義の見直しを行う予定であったが。次回のストックホルム大会で議論されることに
なった。13日にはアジア太平洋ソーシャルワーク教育連盟(APASWE)の会議(秋元樹会長)に中国、韓
国、オーストラリア、ニュージランド、マレーシア、タイ、ベトナム、インド、日本の代表が参加した。各
国でソーシャルワークの定義の見直しを議論し、APASWEでまとめアジア太平洋地域から世界へ提案する
ことが合意された。11月4日㈭には日本社会事業大学アジア福祉創造センターの主催(JICA)で、アジア
の代表を迎えて定義見直しについての議論が行われる。

また、2011年7月15日㈮・16日㈯・17日㈰・18日㈪第21回アジア太平洋ソーシャルワーク会議が早稲
田大学国際会議場で開催される。「ソーシャルワークの新たな地平:共生と連帯」(Crossing Borders:
Interdependent Living and Solidarity)会議のテーマのもと約500名の参加を予定している。学校連盟とし
てきわめて重要な会議であり会員各校からの多くの参加者を期待している。大学院の院生にも参加を呼びか
けてほしい。さらに、未だAPASWEに加盟していない大学は、ぜひこれを契機に加盟していただきたい。





運営:第一資料印刷株式会社
Copyright (C) 2010 DAIICHI SHIRYO PRINTING CO.,LTD All Rights Reserved
〒162-0818 東京都新宿区築地町8番地7 / TEL 03-3267-8211 / FAX 03-3267-8222
.
第一資料印刷株式会社オンデマンド印刷なら ガップリ!セミナーテキストの印刷・製本なら セミナーテキストNAVI50冊からつくれるオリジナルノート 書きま帳+採用映像、各種採用プロモーションツールの制作・印刷 採用映像マニュアル制作.com機関誌・広報誌の紹介サイト キカンシネット機関誌づくりのお悩みにお答えします! 機関誌づくりブログ株式会社労働開発研究会