キカンシネット アーカイブ一覧に戻る
バックナンバーはこちら


危機の時代に何を創り出すか 第60号

【目 次】

<巻頭言>

危機の時代に何を創り出すか
事務局長 宮城  孝

教育実践報告………………………………………………… 3

平成19(2007)年度 第2回評議員会議事録………… 11

第2回理事会議事録………………………………………… 14

平成19(2007)年度臨時総会 議事録………………… 18

第1回理事会議事録………………………………………… 31

平成20(2008)年度通常総会 議事録………………… 33

平成19年度委員会活動報告………………………………… 45

ダーバン出張報告…………………………………………… 49

平成20年度 介護福祉等に係る講習会…………………… 58

2008年度全国社会福祉教育セミナー……………………… 60

第10回 福祉教育研修講座(第一報) …………………… 66

四谷だより…………………………………………………… 68

はじめまして 〜事務局スタッフ紹介〜 ………………… 68

編集後記……………………………………………………… 68

――――――――――――――――――――――――――――

2008年度全国社会福祉教育セミナーは、去る11月8日貍・9日豸に東海大学の湘南キャンパスにおいて、
全国の社会福祉教育関係者約370名が参加し開催された。特に、東海大学健康科学部の教員、学生、また関
係者の皆様には、小雨が降る寒さの中、運営に尽力していただきましたことに、この場をお借りし厚く感謝
申し上げたい。

今回のセミナーのテーマは、「社会福祉専門職の職域拡大・待遇改善と社会福祉教育―いかに危機をのり
こえるかー」であった。その詳細は、紙幅の都合で省略させていただくが、昨年度は、社会福祉士及び介護
福祉士法の改正に伴う新養成カリキュラムの内容とその対応に焦点があてられたが、この一年で大きく様相
が変わってきている。

周知のとおり、社会福祉系大学の受験状況は、まさに危機的状況にある。介護福祉士養成の専門学校にあ
っても、大幅な定員割れ、また募集停止が相次いでいる。我が国は、2025年には高齢化率が30%を超えるこ
とが予測されているが、その実践現場における次世代の担い手を養成する環境は、現在暗闇のただ中にある。

このような現状をもたらした要因は、何であろうか。様々論点があろうが、マクロ政策で言えば、ここ5
年に及ぶ政府による社会保障費自然増2,200億円削減政策であることは明らかである。この副作用が、現在
の医療危機、介護保険における介護報酬の抑制や大きく国民の不満を呼んだ後期高齢者医療制度、障害者自
立支援法の淵源と言えよう。また、社会福祉の実践現場では、老老介護や児童虐待、自殺や失業の増加など、
生活に大きなリスクを抱えた市民にいかに応えるか日々苦悩している状況にある。

各会員校におかれては、2009年度からの新たな社会福祉士・介護福祉士養成カリキュラムの実施に向け、
様々準備に奔走されていることと推察申し上げる。新たなカリキュラムを走らせつつ、教育養成機関として
何を社会に対して発信していくのか。特に、ソーシャルワーカーが、これからの時代に何をなし得るのか。
社会福祉士の国家資格制度が発足して20年に何ができ、何ができなかったのかを厳しく総括しつつ、次の10
年、20年に向けた新たな展望を切り開くことが求められている。





運営:第一資料印刷株式会社
Copyright (C) 2010 DAIICHI SHIRYO PRINTING CO.,LTD All Rights Reserved
〒162-0818 東京都新宿区築地町8番地7 / TEL 03-3267-8211 / FAX 03-3267-8222
.
第一資料印刷株式会社オンデマンド印刷なら ガップリ!セミナーテキストの印刷・製本なら セミナーテキストNAVI50冊からつくれるオリジナルノート 書きま帳+採用映像、各種採用プロモーションツールの制作・印刷 採用映像マニュアル制作.com機関誌・広報誌の紹介サイト キカンシネット機関誌づくりのお悩みにお答えします! 機関誌づくりブログ株式会社労働開発研究会