キカンシネット アーカイブ一覧に戻る
バックナンバーはこちら


特集:アウェーで闘え!〜私の海外ビジネス奮闘記(第46号)

Leader's Voice
市村泰男(社団法人日本貿易会 常務理事/国際社会貢献センター〈ABIC〉 理事長/文部科学省 外国語能力の向上に関する検討会 委員)
「率先垂範を旨とし、壁をつくらない配慮をもって
国境なきビジネスを先導する」

日本貿易会とNPO法人国際社会貢献センター(ABIC)の要職にある市村泰男氏は、36年間にわたり伊藤忠商事で数々の国際プロジェクトを指揮してきた経歴の持ち主。国籍や文化の異なる関係者全員がメリットを享受できる、円滑で実りあるビジネスの実現させた、いかなる相手をも納得させる話術と“人”としての配慮について伺いました。
Highlight
●35年を越える、インドネシアやマレーシアへの駐在経験
●多文化・多国籍企業のリーダーが尊重すべき◯◯と◯◯

--------------------------------------------------------------------------------

特集:アウェーで闘え!〜私の海外ビジネス奮闘記

ビジネスパーソンが大きく成長するのは、自らの力で未経験の課題を克服するとき。特に海外赴任など、自ら「アウェー」に赴くような状況では、日々新たなチャレンジが続く。価値観も思考パターンも異なる外国人顧客やスタッフに囲まれ、外国語でのコミュニケーション、なじみのないビジネス習慣……。「未知」が日常となる環境で、「自分の軸」を保ちつつ、目の前の現実と真摯に向き合いながら成果を挙げてきた先達の軌跡に、「世界で通用する人材」になるための秘訣を探る。

山ア裕二(トレンドマイクロ グローバルマーケティング統括本部 コンシューマ&SBマーケティング部 プロダクトマネジメント担当部長代行)
「コンセプトを徹底的に共有して
文化の溝を埋め、パワーを束ねる」

世界市場に向けたソフトウェアを開発するため、米国、台湾、中国など世界各地に分散するスタッフを束ね、国境を超えた企画開発・マーケティングに携わってきた山ア裕二さん。効率とスピードが強く求められるIT業界にあって、手間を惜しまぬ血の通ったチームづくりを実践し、数々のヒットを生み出してきたそのマネジメント力について伺いました。
Highlight
●チームワークを強化するには◯◯なコミュニケーションが肝要
●日本人特有の◯◯と、外国人が大事にする◯◯とのバランス


曽我部 暁美(パナソニック 海外経理センター 経理グループ 地域経理チーム チームリーダー)
「海外経験、英語への自信はゼロでも
芯の強さで成し遂げた外国人マネジメント」

時に「経営経理」という名で呼ばれるほど、経営に役立つ経理を重視するパナソニックで、女性初となる海外のグループ法人の経理責任者に就任した曽我部 暁美さん。言葉の壁と海外経験がなかったことに不安を抱きつつも強い意志で進めた経理改革、そして“現地流”に対する細やかな心配りと数々の工夫について伺いました。
Highlight
●女性初のロールモデルとしてフィンランドへ赴任
●海外、特に欧米諸国で注意すべき「Job Description」とは?


小峰研一(双日 機械部門 インフラプロジェクト・産機本部 プラントプロジェクト部 第一課 課長)
「Face to Faceによる『伝える』姿勢と粘りで
遠くアフリカまで道を切り拓く」

大学時代は理工学部に籍を置く「ごく普通の学生だった」という小峰研一さん。総合商社に入社後は、真摯なコミュニケーションとオープンな姿勢によって、顧客との信頼関係が問われるプラントビジネスに携わることに。インド、南アフリカなど可能性あふれる国々で新規ビジネスを成功させてきたその軌跡を語っていただきました。
Highlight
●ネットもメールもない時代の海外顧客とのやり取りとは?
●インド、南アフリカで道を切り拓いた、オープンかつ真摯な姿勢

--------------------------------------------------------------------------------

船川淳志 連載対談
Never too late to be a GLOBAL MANAGER

「『やってみなはれ』精神に支えられ諦めず、ポジティブに、十年来の夢を実現」
帰国子女として身につけた流暢な英語、海外大学院で取得したMBA……。そうしたスキルや資格がなくても、グローバルビジネスは不可能ではない。組織変革、グローバル人材育成などを専門に国内外で活動するコンサルタント・船川淳志氏が、世界で活躍するマネジャーの方々を迎えてそのための資質を探る新・対談連載。第2回となる今号は、日本サブウェイの取締役兼マーケティング本部長・ 庵原リサさんにお話を伺いました。
Highlight
●女性初の営業職、法人営業担当、外食産業への出向と、常に「初」のタイトルが続くなかで、道を切り開かれてきたその軌跡
●グローバルビジネスでは、日本人の特質である◯◯は役立たないが、◯◯は役に立つ

--------------------------------------------------------------------------------

英語にない日本語 ロッシェル・カップ氏(英文記事)

「起承転結 〜Kishotenketsu」
日系多国籍企業に異文化研修を提供する経営コンサルタントのR・カップ氏が、英訳が難しくビジネスで使われる日本語独特の表現をその背景とあわせて紹介します。今回は日本で論理構成の手段としてよく用いられる「起承転結」という概念について紹介します。
Highlight
●「起承転結」が通用しないアメリカで教えられる"paragraph writing."という手法とは?

--------------------------------------------------------------------------------

英文メール強化塾 ポール・ビソネット氏

“Something doesn't smell right!”
企業で英文ビジネスライティングを指導してきたポール・ビソネット氏が、ビジネスに効果的な英文メールの書き方を伝授。今回は、顧客に供給しなければならないパーツが、海外サプライヤーの不備で入手できなくなり窮地に陥っているケースです。比較的強い調子で相手に受注済の注文を迅速に処理するよう要求するメールの書き方を伝授します。
Highlight
●相手が自発的に手を貸したくなるような気持ちを起こさせるニュアンスを出すには?

--------------------------------------------------------------------------------

海外駐在だより

世界各国で暮らす日本人が、現地の印象、生活実感、文化や国民性、日々の楽しみなどを紹介するエッセイ。今回は、中村明子さんによるボリビアの都市・ラパスからのご寄稿です。ネクタイをしたサラリーマンと先住民族の伝統的な衣装を着た人が街で行き来し交わっている独特の街の雰囲気をレポートしてもらいました。
Highlight
●ボリビアでよく食される、日本では考えられない食材◯◯◯の肉とは?

--------------------------------------------------------------------------------

マイケルが行く!“What is this!?”(英文記事)

“Beating the Heat, Japan Style”
日本人には普通、だけど外国人から見たら不思議、面白い……。米国人ライターマイケル・マーティン氏による突撃レポートにより、そんな外側から見た日本文化に触れられるコーナー。今回は、今年の節電にともない、昔ながらの文化的な「納涼アイデア」に対する、マイケルならではの視点を紹介します。
Highlight
●外国人がアッと驚く日本のある納涼グッズ◯◯◯とは?

--------------------------------------------------------------------------------

志のチカラ 〜列島を飛び出した個性

「自分の力を信じてチャンスを引き寄せる」
スポーツ選手やアーティストなど、ビジネスの分野以外において世界で活躍する日本人を追うコーナー。第9回目は、イタリア在住のオペラ歌手、新垣有希子さん。高度な歌唱力と豊かな表現力で本場イタリアでも高く評価される新垣さんに、チャンスを引き寄せ夢を実現させる秘訣、そして今後の目標などを伺いました。
Highlight
●名作『トゥーランドット』で大役をつかんだ新垣さんのモチベーションの上げ方、思考を前向きにする方法とは?


バックナンバー

日本人の軸 (第23号)  2005年 更新




運営:第一資料印刷株式会社
Copyright (C) 2010 DAIICHI SHIRYO PRINTING CO.,LTD All Rights Reserved
〒162-0818 東京都新宿区築地町8番地7 / TEL 03-3267-8211 / FAX 03-3267-8222
.
第一資料印刷株式会社オンデマンド印刷なら ガップリ!セミナーテキストの印刷・製本なら セミナーテキストNAVI50冊からつくれるオリジナルノート 書きま帳+採用映像、各種採用プロモーションツールの制作・印刷 採用映像マニュアル制作.com機関誌・広報誌の紹介サイト キカンシネット機関誌づくりのお悩みにお答えします! 機関誌づくりブログ株式会社労働開発研究会