キカンシネット アーカイブ一覧に戻る
バックナンバーはこちら


【特集】3.11 巨大地震と大津波の教訓を伝える(No.552)

<目次>

■特集 3.11 巨大地震と大津波の教訓を伝える

大地震と巨大津波から学ぶこと
東海大学海洋学部 航海工学科教授 津金 正典

「黒い記憶」を「明るい未来」へ
元朝日新聞編集委員 海事ジャーナリスト 土井 全二郎

大地震と巨大津波による商船の被災について
国土交通省海事局危機管理室専門官 庄司 義明

大地震と巨大津波による主要港での船舶の被害状況

ルポ
仙台港から緊急出港を決断した3隻の船
東日本大震災による漁船の被害状況と水産庁の対応
水産庁漁政課広報班

漁船保険からみた東日本大震災
漁船保険中央会 船舶審査部部長 菅原 公章

港湾タグボートの津波避難実態調査(中間)報告
㈳日本港湾タグ事業協会 海務専門委員会(専務理事) 河原 健

釜石港で大津波に遭遇
釜石海上保安部 巡視船きたかみ船長 及川 邦夫

宮古湾あの日の証言 津波からの避難報告
NPO法人いわてマリンフィールド理事長 橋本 久夫

三陸海岸を襲った大津波
㈳外航船員医療事業団  常務理事 菅原 知巳

インタビュー
鹿島港の巨大津波による船舶被害の特徴と安全対策
住友金属物流鞄熏q営業部 調査役 五十嵐 一馬さんに聞く

座談会
大混乱の中で港と停泊船を支えた船員たち
鹿島埠頭梶@船舶課副参与兼船舶課長 大内 和則
〃   曳船「片瀬丸」機関長  薄井 清一
〃   曳船「金剛丸」船長   多田 和弘
〃   曳船「かなさ」船長   河野 昌行
聞き手:情報誌「海と安全」編集長  藤丸 徹

宮城県の豊かな漁場と命を奪った現場から
宮城県漁業協同組合雄勝町東部支所 前支所長 阿部 勇郎

東北地方北東沿岸部の船舶の被災状況と緊急避難
㈳日本海難防止協会 東日本大震災現地調査チーム

釜石港の船舶の被災状況と緊急避難
㈳日本海難防止協会 東日本大震災現地調査チーム

小名浜港の船舶の被災状況と緊急避難
㈳日本海難防止協会 東日本大震災現地調査チーム

茨城港の船舶の被災状況と緊急避難
㈳日本海難防止協会 東日本大震災現地調査チーム

鹿島港の船舶の被災状況と緊急避難
㈳日本海難防止協会 東日本大震災現地調査チーム

ルポ
巨大津波に遭遇した各地区の旅客船の状況
大船渡港   山和商店求@代表取締役社長    山口 和三
気仙沼港   大島汽船梶@専務取締役      千葉 洋明
常務取締役      小野寺 貞行
女川港    シーパル女川汽船椛獄ア課長    持田 耕明
仙台港塩釜区(松島湾) 丸文松島汽船椛纒\取締役社長  佐藤 昭夫

再掲載
大船渡港での巨大地震・津波遭遇報告
太平洋沿海汽船梶@陸龍丸船長 岩﨑 正幸

再掲載
巨大地震と大津波に遭遇する中でロシア船を救助
第一中央船舶梶@硯海丸船長 川﨑 直喜

再掲載
東日本大震災!油タンカーで燃料油の積荷中
富士石油梶@袖ヶ浦製油所バースマスター 和田 }治

再掲載
宮城県南三陸の漁業関係者を襲った3.11

■特集以外の記事
海保だより/東日本大震災への海上保安庁の対応について
海上保安庁警備救難部
海外情報/
マ・シ海峡における「協力メカニズム」及び「航行援助施設基金」に関する動き/
シンガポール事務所

海守便り/
東日本大震災への取り組み/海守事務局

海難速報値/主な海難/
海上保安庁

編集レーダー


バックナンバー





運営:第一資料印刷株式会社
Copyright (C) 2010 DAIICHI SHIRYO PRINTING CO.,LTD All Rights Reserved
〒162-0818 東京都新宿区築地町8番地7 / TEL 03-3267-8211 / FAX 03-3267-8222
.
第一資料印刷株式会社オンデマンド印刷なら ガップリ!セミナーテキストの印刷・製本なら セミナーテキストNAVI50冊からつくれるオリジナルノート 書きま帳+採用映像、各種採用プロモーションツールの制作・印刷 採用映像マニュアル制作.com機関誌・広報誌の紹介サイト キカンシネット機関誌づくりのお悩みにお答えします! 機関誌づくりブログ株式会社労働開発研究会