キカンシネット アーカイブ一覧に戻る
バックナンバーはこちら


【特集】あれから10年ナ号海難の教訓はどう活かされたか(No.532)

<目次>

○ 座談会:ナホトカ号からの教訓と課題/
  後藤真太郎・沢野伸宏・佐藤清志・佐々木邦昭・大貫伸  聞き手 増田正司

○ ナホトカ号事故後の流出油海難に対する/
  世界とわが国の法整備 国土交通省・馬場ア靖

○ ナホトカ号事故から得た教訓とその後の/
  改善 海上保安庁環境防災課

○ この10年における油濁補償制度の推移と今後の課題/
  石油海事協会 河端一郎

○ 大規模な油流出事故に対する国際協力の推進
  NAWPAP富山事務所 馬場典夫

○ 油汚染による海鳥被害とその後/
  日本野鳥の会 古南幸弘

○ 重油流出事故における重油分解細菌の研究成果/
  金沢大学 田崎和江

○ ナホトカ号油流出事故の教訓とその活用/
  海上災害防止センター 小倉秀

○ 流出油海難に効果的な油回収技術の研究開発/
  港湾空港技術研究所 吉江宗生

○ 流出油海難から学んだのは「冷静な対応が基本」ということ/
  金沢工業大学 敷田麻美

○ 重油流出事故災害から10年の節目に思うこと/
  日本災害ボランティアネットワーク 田中稔昭

○ 取材:三国町で漂着油回収にあたった関係者の教訓とその後を追う

○ 特集以外の記事  
・ 海の気象 最近の100年間における日本近海の海面水温の長期変化/気象庁 高槻靖

・ 海保だより 海上保安庁におけるAISの活用/海上保安庁交通部

・ 海守便り 5年目を迎えて/海守事務局

・ 初動の油防除装置のための基金制度/シンガポール連絡事務所

・ 日本海難防止協会のうごき

・ 船舶海難の発生状況/海上保安庁提供

・ 主な海難/海上保安庁提供

・ 編集レーダー


バックナンバー





運営:第一資料印刷株式会社
Copyright (C) 2010 DAIICHI SHIRYO PRINTING CO.,LTD All Rights Reserved
〒162-0818 東京都新宿区築地町8番地7 / TEL 03-3267-8211 / FAX 03-3267-8222
.
第一資料印刷株式会社オンデマンド印刷なら ガップリ!セミナーテキストの印刷・製本なら セミナーテキストNAVI50冊からつくれるオリジナルノート 書きま帳+採用映像、各種採用プロモーションツールの制作・印刷 採用映像マニュアル制作.com機関誌・広報誌の紹介サイト キカンシネット機関誌づくりのお悩みにお答えします! 機関誌づくりブログ株式会社労働開発研究会